本名式縄文土器

ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

印刷ページ表示 更新日:2020年12月11日更新
本名式縄文土器の寫真

所在

出土場所

寺岡遺跡 金山町本名字寺岡(只見川の左岸、風來沢の東標高450m、緩斜面の臺地)

出土品保管場所

金山町大字中川字上居平(こぶし館、収蔵庫)

説明

 只見川流域に於ける縄文時代が、関東?北陸の影響をどのように受けたかを知る重要な遺跡。石器も出土し、利器はきわめて少なく、磨石がきわめて多い、その用途は不明なものが多い。

ページの先頭へ
草蜢社区在线观看免费下载